we offer some internship in the world to you

2017年度 委員長挨拶

委員長挨拶

新入生のみなさん。大学入学おめでとうございます

突然ですが、みなさんは今の社会に対してどのような意見を持っていますか?
人工知能を始めとするテクノロジーの発展は目まぐるしく、社会の変化は日に日に激しくなっています。
それゆえ、自分が親世代になった時のことはもちろん、東京オリンピック開催の3年後でさえも予測するのが難しく
つかみどころがない世の中である。そのように感じるのではないでしょうか?

私が新入生の頃、複雑で予測が難しい未来なのだから、今が楽しければ
いつでも、いつまでも楽しく過ごせる。そのように考えていました。

現代社会には貧困・紛争・引きこもりなどをはじめとして様々な課題が山積みとなっています。
アイセックでは、そのような社会課題を解決できるリーダーを生み出し
社会の問題を一つでも解決に近づけるため、海外インターンシップの企画・運営を行っています。

このような社会課題の本質はどんな原因であるのか、
インターンを通してどのような経験を積むことがリーダーとなれるのか
全国のアイセックメンバーと議論し、世界を舞台にして活動するインターン生と_協働する。
そのような活動を、2年間アイセックで行ってきました。

自分が楽しい・充実しているという時間を作るためには
周りの人も楽しい・充実していると感じてもらうこと。
また、今の楽しさの延長線上の未来に楽しさを感じることできること。
この2つがなければ、楽しさも儚く消えてしまうものだと気付かされました。

確かに、冒頭で述べたように予測困難な未来を考えることは一筋縄ではいきません。
しかし、海外インターンや学生団体での活動をはじめとして、
自分がこれだと志し切り開いた道が正解となり、自分を形作るのだと
アイセックでの経験を通じて痛感しました。
私は、このような体験ができたアイセックに入会して本当によかったと感じています。

最後に、ステークホルダーの皆様には
平素から、弊委員会に多大なるご支援を賜り、誠にありがとうございます。
ステークホルダーの皆様のご支援のおかげで、今日も弊委員会の活動が円滑に行われ、
多くの学生がリーダーへの歩みを日進月歩の勢いで進めております。

私たちアイセックは、平和で人々の可能性が最大限発揮された社会の実現を目指して、
これからも、1人でも社会の課題を解決できるリーダーの輩出に努めてまいります。

ステークホルダーの皆様におかれましては、
今後とも、変わらぬご支援・ご指導賜りますよう、厚くお願い申し上げます。

特定非営利活動法人 アイセック・ジャパン
会員団体 アイセック名古屋大学委員会
2017年度委員長
名古屋大学 工学部 電気電子・情報工学科 3年 永田拓也

アイセック・ジャパンの公式ホームページはこちらから
PAGETOP
Copyright © アイセック名古屋大学委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.