we offer some internship in the world to you

海外インターンシップについて

  • HOME »
  • 海外インターンシップについて

 

アイセックの海外インターンシップって

アイセックの海外インターンシップでは、海外のNGOや企業で約6週間~6か月、現地に存在するさまざまな課題の解決に取り組みます。アイセックのプログラムでは実践を重視しており、受け入れ先の成果へ貢献することが求められています。そのため英語力はもちろんのこと、自ら考え自ら動く力が身につきます。また、現地に存在する課題を目の当たりにし、文化や価値観の全く異なる人々とともに課題の解決に取り組む経験は、社会に対する気づきや人間的な成長を与えてくれます。
異国の地で実践する経験を通して、世界の社会課題を解決するグローバルリーダーへの一歩を踏み出してみませんか。

海外インターンシップに参加したい方 注目!!

いつでもエントリーを受け付けておりますが、春休みや夏休みに渡航したい方はエントリーに期限がございます。興味のある方は気軽にお問い合わせください(^^)/

まずはメンバーと個別相談をしたい方はこちら
お問合せ
インターンに参加する方はこちら
エントリー


海外インターンシップの内容

現在、アイセック名古屋大学委員会では、3つのインターンプログラムを用意しています。

FRESH Project

地域一体型の教育を実現するインターンシップ


発展途上国の就学率は年々改善され、85%を超えていると言われています。しかし、未だ貧困、衛生、紛争、飢餓などの社会問題は絶えないのが現状です。必要とされているのは「質の良い教育」。このインターンシップでは、教育の質を恒常的に改善していくため、教師、親、生徒、カリキュラム作成者など教育に関わる全ての人がお互いにコミュニケーションをとり、各々の理想と理想達成のための手段を伝えられる環境を整えることを目指します。

地域 マラウイ共和国 リロングウェ市
内容
【前】インターン開始前
教育や国際開発の有識者に協力して頂き、教育関係者関での有効なコミュニケーション方法や、その方法を現地に根付かせる手段を考えます。
教育現場に存在すると予想される問題を複数挙げ、原因の仮説を立てた後、解決策を考えます。
【中】インターン中
現地中学校に赴き、親、生徒、教師の間で教育に対する意識がどれほど共有されているのか把握します。お互いの想いを知るためのツールを導入します。例)目安箱の活用、授業参観の実施など。
教育現場の想いを伝え、カリキュラムや設備に反映させる手段を現地の人と一緒に考え、導入します。
Education Division(教育省のリロングウェ支部)にてプレゼン発表、もしくはレポートの提出を行います。
【後】インターン終了後
国内での教育や開発に興味がありそうな団体に向けて発表を行います。

詳細はこちら

LOVE Project



世界中で毎日100万件以上の性感染症感染が起きていることを、あなたは知っていますか?
世界では、性感染症によって命を落としたり、生まれてくる子供の健康に被害が出たり、不当な差別が引き起こされたりしています。
そのために、本プロジェクトでは、感染症に関する正しい知識を世界中に広めるインターンシップを行います。

地域 東南アジア
内容
【前】インターン開始前
・日本国内で専門家の協力のもと保健(特に性感染症・性教育)に関する知識のインプットを行います。
・正しい知識の普及のために渡航先でやれること、またインターン生自身が行いたいことを、アイセック側の担当者が一緒に考えます。また外部の専門家の方へのヒアリングを行い、実際に現地で行うことを決めていきます。
【中】インターン中
・現地の人に対して保健教育を行います。​
・現地アイセックや専門家の協力のもと、日本で考えた研修内容を実現していきます。
【後】インターン終了後
・現地で実際に見て得た経験や知識を、協力いただいた専門家や企業に対しての報告会や、人を集めてでの講演などを通して発信します。
・研修での学びを最大化できるよう、アイセック側の担当者が、インターン生の研修の振り返りなどをお手伝いします。

詳細はこちら

Food Project

世界に幸せを生む食育開発



森林伐採が一時期メディアでも取り上げられましたが、その結果東南アジアの土壌環境は貧しく、その土地で育つ食糧は質と量という観点で問題があります。また、食料があっても知識がないために栄養素を偏って摂取し、栄養失調にかかってしまう子供が多くいます。この社会問題に「土壌」の観点からアプローチし、おいしくて食べたくなるような食糧と料理を生み出す環境を作ることで、健康と豊かさを目指すインターンシップを行います。

地域 アジア・インドネシア
内容
【前】インターン開始前
国内企業の下で土壌に関する知識を学びます。現地の土壌環境と食生活についてリサーチし、課題を特定します。
【中】インターン中
農地の土壌の栄養成分を変えることで、不足している栄養素を補う土壌環境を整えます。現地にある食糧の中で、補うべき栄養素を補う料理や、栄養分を有効に摂取できる、現地にあった調理方法を考え普及させます。
【後】インターン終了後
研修先の土壌環境と、その後の食生活について情報交換をします。土壌環境が持続的に改善されるようにします。

詳細はこちら

参加までの流れ

1.申し込み
-オンラインでの応募フォームの送信
-アイセックメンバーとの面談
-申し込み用紙の提出
2.面接/適性検査
-社会人講師との面接による適性・英語会話力の検査
-語学スコアの提出
などを行い、これを通過した方について正式な契約を結んでいただきます。
3.渡航先選定
-渡航先データベースを用いて希望先を選定
-受入先によるskype等を用いた面接・選考
(選考はごく簡単なものから倍率の高いものまで、受け入れ先により変わります。)
4.渡航準備
-提携企業による危機管理講習会・危機管理システムへの加入
-VISA・航空券、宿泊先の手配や予防接種などの準備
-渡航先での業務に向けた学びの機会
-他のプログラム参加者や過去の参加者との交流機会
費用はどれくらいですか
インターンシップに必要となる費用は、プログラム参加費(6週間70,000円)に加えて、渡航費、予防接種、VISA、現地での生活費用などがかかります。これらの費用は地域によって異なるため、渡航先によって合計金額が変わります。
安全性は大丈夫なのですか
アイセックでは、インターン生の皆さまが安全に海外インターンシップを行えるよう、さまざまな取り組みをしております。詳細はアイセック・ジャパンのページ安全への取り組みよりご確認ください。

問い合わせフォーム

こちらのフォームから問い合わせいただけます。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

ご質問の内容 (必須)

PAGETOP
Copyright © アイセック名古屋大学委員会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.